ワタシキラメク、シントク。

警報発表時における対応について

本校では、警報発表時には次のように対応を行っております。ご協力ください。

判断基準 NHK総合テレビ、NHKラジオ第一放送
区  域 広島市
特別警報 暴風、暴風雪、大雨、大雪、地面現象、高潮、波浪
警  報 暴風、暴風雪、大雨・洪水、大雪、地面現象、高潮、波浪、浸水

*大雨警報、洪水警報については、2つ併せて「大雨・洪水」として「1つの警報扱い」とします。


朝6時現在「広島市」に特別警報が1つ以上発表 または 警報が2つ以上発表されている場合

① 自宅待機

② 午前11時時点で警報が解除されなければ、その日は臨時に休業とする。

③ 午前11時時点で警報が解除された場合には、授業を繰り下げて行う。この場合、保護者が安全確認の後、注意して直ちに登校すること。

④ 休業日とした日は、代わりに課業日を長期休業期間等に設ける。

⑤ 休業日となった場合には、外出せず自宅学習を行うこと。


朝6時現在「広島市」に注意報が1つ以上発表されている場合等で、1に該当しない場合

保護者が安全を確かめてから、登校について判断する。


朝6時以前に自宅を出る生徒の場合

① 特別警報、警報が出ると予測される場合、6時まで自宅待機する。

② 警報の有無を確認し、保護者が安全を確かめてから、登校について判断する。


登校途中に特別警報が1つ以上 または 警報が2つ以上の発表が分かった場合

① 帰宅して待機し、上の1に従うこと。

② ただし、登校した方が安全な場合は、そのまま登校する。


登校後に警報が発表された場合

安全を確認して下校等の対応をとる。


「広島市」以外に居住している場合

「広島市」対象の警報に加えて、居住している市町対象の警報に対しても、

● 判断基準=NHK総合テレビ、NHKラジオ第一放送 ● 区域=居住している市町 を当てはめて適用する。

この時、12の「臨時に休業」は「欠席扱いとしない」


特別警報、警報発表時、学校から家庭への連絡は、特別な事情のない限りいたしません。上記の要領で対応してください。


本校は機械警備のため、平日8時20分(第1,3土曜日8時30分)まで原則留守番電話対応となっております。電話の本数も限られていますので、 確認の電話はご遠慮ください。



学校感染症の罹患に伴う出席停止について

学校において感染症のまん延予防のため、下表に示した感染症に罹患した場合は、学校保健安全法第19条の規定により、出席停止の処置を行います。出席停止の期間は感染症の種類によって基準が定められていますが、医師の診断により登校の許可が出るまでは、十分に休養してください。また、感染予防のため外出、友人との接触等はさけてください。なお、出席停止期間中は特別欠席の扱いとなり、普段の欠席扱いにはなりません。


【感染症の種類(学校保健安全法施行規則第18条より)】

第 1 種 ・エボラ出血熱 ・クリミア・コンゴ出血熱 ・痘そう ・南米出血熱 ・ペスト
・マールブルグ病 ・ラッサ熱 ・急性灰白髄炎 ・ジフテリア
・重症急性呼吸器症候群(SARS) ・中東呼吸器症候群(MERS) ・特定鳥インフルエンザ
第 2 種 ・インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く) ・百日咳 ・麻しん(はしか) 
・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) ・風疹(三日はしか) ・水痘(水ぼうそう)
・咽頭結膜熱(プール熱) ・結核 ・髄膜炎菌性髄膜炎
第 3 種 ・コレラ ・細菌性赤痢 ・腸管出血性大腸菌感染症 ・腸チフス
・パラチフス流行性角結膜炎 ・急性出血性結膜炎 ・その他の感染症

《出席停止の流れ》

① 医師の診断を受けたら、速やかに担任へ連絡し、医師から登校の許可が出るまで療養する。

② 医師から登校を許可されたら、治癒証明書にて証明を受ける。

③ 治癒証明書を持参して登校し、担任もしくは保健室の養護教諭へ提出する。


「学校感染症等治癒証明書」(治癒証明書)

・ 基本的には 医療機関で発行される「治癒証明書」を持参としますが、こちらからダウンロードすることもできます。



・ 「学校感染症等治癒証明書」(治癒証明書)は医療機関によっては発行に料金がかかることがあります。ご了承ください。


お便り