学科・コース紹介

Department/Course

食育デザイン科

食育デザイン科
ならではのいいこと

洋食・和食・中華の一流シェフから直接指導を受け、おいしい料理を作り、味わうことができます。

1年 ○基礎学力の確立
○西洋料理の基礎技術の習得
○専門知識の基礎の習得
2年 ○専門知識の基礎・応用の習得
○日本料理の基礎技術の習得 
3年 ○専門知識の応用・発展の習得
○中国料理の基礎技術の習得
○総合調理実習
○卒業作品展
○技術考査の実施

大学・短期大学・専門学校へ
進学/就職

調理師免許取得を目指す!

ハイレベルな実習や学習で、
即戦力を身に付ける。

県内私立では唯一の卒業と同時に国家資格である調理師免許を取得できる学科です。栄養学、食品衛生、調理理論などの専門科目の授業で知識を深め、調理実習では3年間を通して、洋食、和食、中華の調理技術を習得します。これらの学びを文化祭や食育レストランで披露したり、食に関するボランティア活動に参加したり、様々なコンテストに応募したり、「食」をキーワードに積極的に活動します。

  • 01
    基礎学力も充実。進学にも対応

    「国語」「数学」など基礎学力の定着を図り、特に管理栄養士を目指す学科など食に関連した大学、短大への進学に対応した指導を実践しています。

  • 02
    一流料理人に学ぶ実践的な授業

    実習は経験豊富な調理師の先生方が担当します。プロ仕様の設備や調理器具を用いて、調理の基礎基本、プロとしての心構えを身に付けます。また、一流料理店でのテーブルマナー実習やインターンシップも充実。商品開発プロジェクトやコンテストにも挑戦しています。

    プロの講師陣が一流の
    「心」と「技」を伝授します!

    柴原 憲輔先生
    ヒロコシグループひろしま八雲 総料理長
    三好 邦彦先生
    岩国国際観光ホテル洋食課 三井化学三井倶楽部料理長
    永田 欣邦先生
    元広島全日空ホテル(現ANAクラウンプラザホテル広島)総料理長
    小阪 英幸先生
    大阪あべの辻調理師専門学校 中国料理特任教授
    小堀 浩士先生
    ひろしま国際ホテル東風料理長
    福重 義信先生
    元リーガロイヤルホテル広島シェフ・洋菓子工房FUKUSHIGEオーナー

  • 03
    「食」の専門知識を習得

    調理師は、おいしさの理由を理論として学ぶことが求められます。食品の知識や栄養と身体との関係、衛生的で安全な調理のポイントなどを医師・管理栄養士・調理師など調理師養成の教員資格を持つ先生が分かりやすく指導します。

    • 卒業と同時に調理師免許を取得

      就職はもちろん、管理栄養士やパティシエを目指して、大学、専門学校への進学も有利になります。

    • 3年間の集大成! 卒業作品展を開催

      3年間の学びの締めくくりとなるのが卒業作品展です。これまでに学んだ知識や技術をフル活用し、心を込めて作品を作ります。作品は、投票によって「食育デザイン科大賞」「各シェフ賞」を決定します。

お菓子の開発

ただ今準備中です。

コラボ商品

  • 南区菓子店とのコラボ企画

    南区役所地域起こし推進課と南区菓子店と協力し「南区七大伝説スイーツ」「ひろしま南区スイーツ新妖怪みやげ話」を開発しました。南区のイベントで販売しています。

  • 牛乳を用いたレシピの考案

    広島協同乳業の牛乳パックに生徒の考案したレシピが載りました。試作・試食・写真撮影会を定期的に行っています。

平成28年度 
卒業生のメッセージ

県立広島大学 人間文化学部 田村 美樹さん
(府中町立府中中学校 出身)

  • 食育デザイン科は、他の学校では出来ない貴重な体験が多くできる学科だと思っています。私は、高校3年間で、文化祭の進徳レストラン、調理の実技試験、資格取得、海外留学など様々なことに取り組んで来ました。どれも、先生方や友人達のサポートがあったからこそ出来たことだと思います。大学受験においても、先生方にサポートしていただけたおかげで、志望校に合格することができました。現在、私は県立広島大学で管理栄養士の勉強をしています。様々な場面で、高校での勉強や経験が活かされていることを実感します。進徳で高校生活を送ることができて良かったです。