学科・コース紹介

Department/Course

食育デザイン科

調理師免許取得を目指す!

ハイレベルな実習や学習で、即戦力を身に付ける。

県内私立では唯一、卒業と同時に国家資格である調理師免許を取得できる学科です。
栄養学、食品衛生学、調理理論などの専門科目の授業で知識を深め、調理実習では3年間を通して、洋食、和食、中華の調理技術を習得します。
これらの学びを文化祭や進徳レストランで披露したり、食に関するボランティア活動に参加したり、
様々なコンテストに応募したり、「食」に関わる様々な体験型の学びがあります。

  • 01
    一流料理人に学ぶ実践的な授業

    実習は経験豊富な一流料理人が担当します。
    プロ仕様の設備や調理器具を用いて、調理の基礎基本、プロとしての心構えを身に付けます。
    また、一流料理店でのテーブルマナー実習やインターンシップも充実。
    商品開発プロジェクトやコンテストにも挑戦しています。

    プロの講師陣が一流の「心」と「技」を伝授します!

    柴原 憲輔先生[ヒロコシグループひろしま八雲 総料理長
    三好 邦彦先生[岩国国際観光ホテル洋食課 三井化学三井倶楽部料理長
    永田 欣邦先生[元広島全日空ホテル(現ANAクラウンプラザホテル広島)総料理長
    小阪 英幸先生[大阪あべの辻調理師専門学校 中国料理特任教授
    小堀 浩士先生[ひろしま国際ホテル中華薬膳料理 トンフォン料理長

  • 02
    「食」の専門知識を習得

    調理師は、おいしさの理由を理論として学ぶことが求められます。
    食品の知識や栄養と身体との関係、衛生的で安全な調理のポイントなど、教員資格を持つ先生が分かりやすく指導します。

  • 03
    基礎学力も充実。進学にも対応

    「国語」「数学」など基礎学力の定着を図り、
    特に管理栄養士を目指す学科など食に関連した大学、短大への進学に対応した指導を実践しています。

    • 卒業と同時に調理師免許を取得

      就職はもちろん、管理栄養士やパティシエを目指して、大学、専門学校への進学も有利になります。

    • 3年間の集大成! 卒業作品展を開催

      3年間の学びの締めくくりとなるのが卒業作品展です。これまでに学んだ知識や技術をフル活用し、心を込めて作品を作ります。作品は、投票によって「食育デザイン科大賞」「シェフ賞」を決定します。昨年度より料理の展示のみでなく試食の提供があり、多くの来場者に喜んで頂いています。

今日の調理実習

1年 ○基礎学力の確立
○西洋料理の基礎技術の習得
○専門知識の基礎の習得
2年 ○栄養管理コース・製菓コース・総合コースの3つのコースに分かれる
○専門知識の基礎・応用の習得
○日本料理の基礎技術の習得 
3年 ○専門知識の応用・発展の習得
○中国料理の基礎技術の習得
○総合調理実習 ○卒業作品展 ○技術考査の実施

大学・短期大学・専門学校へ進学/就職

お菓子の開発

ただ今準備中です。

コラボ商品

  • 南区菓子店とのコラボ企画

    南区役所地域起こし推進課と南区菓子店と協力し「南区七大伝説スイーツ」「みなみく三名山スイーツ」「ひろしま南区スイーツ新妖怪みやげ話」を開発しました。

  • 牛乳を用いたレシピの考案

    広島協同乳業の牛乳パックに生徒の考案したレシピが掲載されました。

食育デザイン科に質問!

みんなが進徳の食育デザイン科を
【1】選んだ理由は?
【2】入って良かったことは?

  • 溝口加恋さん(1年生)

    【1】卒業時に国家資格である調理師免許の取得ができるから。

    【2】自分の将来に近づける勉強が授業でできること。

  • 浦 まりなさん(2年生)

    【1】管理栄養士になる夢を叶えるために、高校生の頃から食に関する勉強ができるから。

    【2】調理理論などを学ぶと、調理の手順などの意味が分かり、もっと料理が好きになった。

  • 吉崎優菜さん(2年生)

    【1】進徳では、一流料理人に直接指導してもらえるから。設備も整っているから。

    【2】ダンス部と両立しながら学習しています。また,コンテストで入賞することもできました。

  • 松前七海さん(2年生)

    【1】オープンスクールに参加し、学校の雰囲気が良かったから。自宅から近いことも魅力でした。

    【2】牛乳パックに掲載するレシピを考えたり、商品開発に携わったりすることもできます。

  • 吉岡百萌さん(2年生)

    【1】バレーボール部をしながら、高校卒業と同時に調理師免許が取得できるから。

    【2】部活を頑張りながら、調理の実技試験に合格できた時の達成感は他にないです。

  • 伊藤なずなさん(2年生)

    【1】進徳生がイベントでオリジナルのお菓子を販売しているところを見て、わたしもしてみたいと思ったから。

    【2】実際に、自分の考案したお菓子が製菓店で販売されています。沢山のボランティア活動に参加して視野が広がりました。

  • 栢下みなみさん(2年生)

    【1】祖母の食事制限を見て、管理栄養士になりたいと思いました。食について深く学ぶ事ができる食育デザイン科にしました。

    【2】海外の病院給食を日本に取り入れたいと思っています。先生の薦めで留学の機会を得ることができました。

  • 桒原のの子さん(2年生)

    【1】将来、ホテルのレストランで働きたいと思ったから。毎週の調理実習で実力をつけられる。

    【2】放課後の実技練習も楽しく取り組むことができます。自分の名前の入った包丁もかっこいいです。

平成29年度 
卒業生のメッセージ

藪内 咲葵さん(兵庫県三田市立八景中学校 出身)
京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 入学

  • 食育デザイン科とバレーボール部の両立は多忙な毎日でしたが、その中で得たものは私の宝物です。県外から進学してきた私にとって進徳女子高校の先生方や仲間との出会いは今も心の支えとなっています。食育デザイン科ではプロの料理の先生方からご指導を受けたり、レシピを一緒に考えて頂いたり、貴重な経験をたくさんさせていただきました。進学したいという思いは強かったので、先生に相談し、指定校推薦という形で進学を決めました。今は京都女子大学で、さらに専門的に食について深く学んでいます。そこでの学習は高校時代に培った技術や学びが役立っていると日々実感しています。