MENU

「高大接続事業」安田女子大学に1年生が訪問しました

2021.07.29更新

1年生が高大接続事業として7月28日(水)安田女子大学を訪問しました。

 1年生にとっては初めての大学訪問で、高校とは違うキャンパスの広さ、設備の充実さにとても驚いていました。

 大学の概要説明を聞いたのち、安田女子大学 教育学部 西川ひろ子 教授による模擬授業「アンパンマンの魔法」を受講しました。

新生児にどうして「アンパンマン」が効果的なのかということを、教授の説明やビデオを鑑賞しながら学びました。

母親という立場になり得るからこそ、将来のことを考えながら学びを深めることができました。

 その後、「大学入試に向けて」という講座を聞き、1年生からできる自分の進路に対してのアクションを考えていきました。どのような進路に進んでも今日の学びを活かすことができるお話でした。

 最後に、大学職員の方に案内してもらい、キャンパスツアーを行いました。

 ちょうどお昼時のツアーで、実際の学生のキャンパスライフを間近で見学させていただくことができました。高校にはない様々な施設に生徒たちも「こんなの高校にほしい!」「早く大学生になって自分も利用したい!」と夢を膨らませていました。

 進徳女子高等学校では、1年次から高大接続事業として大学訪問など様々な活動を行っております。このようなたくさんの経験の中から、自分の将来の職業や進学先について考え、納得のいく進路実現に向けて進むことができます。

 

SHINTOKU Information

進徳を知ろう・見よう・体験しよう。