MENU

卒業生の活躍

2022.03.30更新

先日卒業した生徒たちから、続々と近況報告が届きます。私学の良さですね。うれしい。

今回は、文化祭の取り組み「生理の貧困」の学びの中で繋がった企業の方のお招きを受け、フェムテックイベントにスタッフとして参加できた卒業生の報告をお届けします。

現在、進徳ではナプキンをトイレットペーパーと同じようにトイレに設置しています。

生徒たちが文化祭で学び、自分たちで署名を行い学校に要求しました。株式会社G-Place様から協賛を受け実現しています。

 

今回、東京に行きイベント受付をさせていただきいた卒業生は、以下のような感想を寄せてくれました。

 

「東京はギランギラン超眩しくて…でも、授業でした福島原発のことを思い出して複雑な気持ちにもなった。また、「生理の貧困」だったり、生理に対する理解の乏しさを解決するためのテクノロジーだと思っていたけど、届いていなきゃいけない人たちにはまだ届いていないんじゃないかって思った。なんだか、いろんな「疑問」が浮かんだ。東京に来て色んな発見があって、一歩出るだけでも学びのフィールドが思いっきり広がっているんだということを実感した。」

 

進徳選抜コースでの学びが確実に「自分探し」に繋がっています。このような報告を聞くたびに教育の可能性を感じます。

世界を広げてまた報告してね。私たちは、皆さんの「可能性」を応援しています。

 

 

 

写真の説明

東京表参道の結婚式場に進徳の紹介がしてあります。

SHINTOKU Information

進徳を知ろう・見よう・体験しよう。