MENU

国際食育デザイン科
(進学・製菓)

栄養学、食品衛生学、調理理論などの
専門科目の授業で知識を深め、
調理実習では西洋料理、日本料理、中国料理の
調理技術を習得します。
2年次には「進学」・「製菓」の
分類から選択

将来の目標に向かって専門的な学びを深めます。
広島市内で唯一、国家資格「調理師免許」を
卒業と同時に取得
できるコースです。

※2021年度より「食育デザイン科」は「国際食育デザイン科」に名称変更を予定しております。

3 Year Story

1年生

専門科目の
学習スタート

  • ・ 基礎学力の確立
  • ・ 西洋料理の基礎技術の習得

2年生

進学・製菓
から分類選択

  • ・ 専門知識の基礎を習得
  • ・ 日本料理の基礎技術の習得

3年生

専門的な知識、技術の
応用・発展

  • ・ 中国料理の基礎技術の習得
  • ・ 総合調理実習・卒業作品展
  • ・ 技術考査の実施

卒業

進路

  • ・ 調理師免許取得
  • ・ 大学や短期大学へ進学
  • ・ 専門学校へ進学
  • ・ 就職

3年間の学びを経て、卒業と同時に取得できる調理師免許の取得は、大学や専門学校への進学も有利になります。
生きていくうえで欠かせない“食”への意識は、将来的に仕事ではもちろん、家庭でも必ずあなたを助けてくれるでしょう。

実習は経験豊富な
プロの料理人が担当!
高校から実践的な学びで、
将来の自分をイメージ。

現役で活躍している一流の料理人に
学ぶ実践的な授業が魅力的。
一流の「心」と「技」を伝授します。

企業との
コラボレーション商品開発や
コンテストにも積極的に挑戦!

調理実習での学びを活かし、
企業と提携したコラボ商品の開発や、
レシピ提供などを実践的に行っています。
自分たちで考えた商品やアイデアが、
世の中に発信された喜びこそ
学習意欲に繋がり大きな夢の実現へと導きます。
多くの「食」に関わる様々な体験型の学びがあります。

取得できる資格・試験

  • 調理師免許

高大接続枠・指定校推薦枠 ※全学科・コース対象

  • 立命館アジア太平洋大学(APU)
  • 武蔵野大学
  • 広島文化学園大学
  • 京都女子大学
  • 広島修道大学
  • 広島都市学園大学
  • 龍谷大学
  • 広島経済大学
  • 広島文教大学
  • 梅花女子大学
  • 広島女学院大学
  • 広島国際大学
  • 近畿大学
  • 比治山大学  など70以上の大学と短期大学に推薦枠があります。

平成31年度 卒業生のメッセージ

伊藤 なずなさん(広島市立段原中学校 出身)
東洋観光株式会社 入社

平成31年度 卒業生のメッセージ

伊藤 なずなさん(広島市立段原中学校 出身) 東洋観光株式会社 入社

私が高校生活でがんばったことは、ボランティア活動やコンテストに積極的に取り組んだことです。1年生の時に南区の製菓店とコラボする企画に応募したところ、ありがたく採用させて頂き、私の考えたスイーツが商品化された時はとても感動しました。そして、ボランティア活動を通して色々な年代の方と接していく中で学ぶことが多く自分が頑張った分だけお褒めの言葉を頂けることが自分の力になることが多かったです。食育デザイン科では特にボランティア活動やコンテストに参加する場面が多いと思うので、一度でもいいので参加してみることが大切だと思います。
将来の夢は自分のお店を持つことです。まず、私が東洋観光株式会社を志望した理由でもある「感謝と笑顔でご奉仕」というスローガンが自分でお店を開けた時の目標と重なる部分があったことがきっかけで、東洋観光株式会社なら私の夢に一歩近づけると考え志望しました。もちろん自分のお店を持つことはそう簡単でないので、私が今出来ることを考えると就職先である東洋観光株式会社で小さなことでもコツコツ真面目に取り組むことを大切にしていきたいと考えています。今の私には大きすぎる夢かもしれませんが、夢は大きく持っておいた方が自分のモチベーションも上がると考えているので、これからも東洋観光株式会社で精一杯頑張りたいと思います。

平成31年度 卒業生のメッセージ

浦 まりなさん(廿日市市立廿日市中学校 出身)
京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 入学

平成31年度 卒業生のメッセージ

浦 まりなさん(廿日市市立廿日市中学校 出身) 京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 入学

食育デザイン科は多くの専門科目を学べます。専門科目には難しい内容もありましたが、知らなかったことが知識としてどんどん自分の中に蓄えられていくことに、自分の成長を実感できました。毎週の調理実習や3年生で学ぶ総合調理実習の大量調理、1年に1回の進徳レストランなど、仲間たちと協力して行う機会がたくさんありました。3年間共に調理師免許取得を目指し切磋琢磨する仲間と出会えたのも食育デザイン科ならではだと思っています。進学したいという思いがありつつも、進学先に悩んでいたとき、先生から勧められ、指定校推薦という形で進学を決めました。これから、京都女子大学で管理栄養士の国家資格を得るためにさらに専門的な食について学んでいきます。高校時代に培った学びを生かして日々精進したいと考えています。

平成30年度 卒業生のメッセージ

瀧口 優萌さん(広島市立戸坂中学校 出身)
安田女子大学 管理栄養学科 入学

平成30年度 卒業生のメッセージ

瀧口 優萌さん(広島市立戸坂中学校 出身) 安田女子大学 管理栄養学科 入学

食育デザイン科では、シェフの方々に直接指導していただける調理実習や、専門科目の学習、ボランティア活動等の多方面から『食』と向き合うことができました。中でも企業へのレシピ考案や製菓店との商品開発をさせていただけたことは、今でも忘れられない貴重な経験となりました。大学進学を希望していたため、日頃の授業や定期テストも気を抜かず取り組みました。検定を受けることを勧めて下さったり、夏休みや放課後に補習をしていただいたりと先生方の手厚いサポートには今でも感謝しています。今は、大学で管理栄養士を目指して学んでいます。高校の専門科目の学びが基礎となり、身につけた技術も役立っています。食育デザイン科での日々は将来への大きな一歩となっていることを実感しています。

平成29年度 卒業生のメッセージ

藪内 咲葵さん(兵庫県三田市立八景中学校 出身) 京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 入学

平成29年度 卒業生のメッセージ

藪内 咲葵さん(兵庫県三田市立八景中学校 出身) 京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 入学

食育デザイン科とバレーボール部の両立は多忙な毎日でしたが、その中で得たものは私の宝物です。県外から進学してきた私にとって進徳女子高校の先生方や仲間との出会いは今も心の支えとなっています。食育デザイン科ではプロの料理の先生方からご指導を受けたり、レシピを一緒に考えて頂いたり、貴重な経験をたくさんさせていただきました。進学したいという思いは強かったので、先生に相談し、指定校推薦という形で進学を決めました。今は京都女子大学で、さらに専門的に食について深く学んでいます。そこでの学習は高校時代に培った技術や学びが役立っていると日々実感しています。

例えば、管理栄養士や栄養士を目指し、大学や短大に
進学しても、調理師免許を取得するために
昼夜のダブルスクールで通うことになったという
ケースはよくあります。
先を見越して、高校生のうちに取得するということはとても計画的な良い選択だと言えます。

SHINTOKU Information

進徳を知ろう・見よう・体験しよう。